はやくつるつるになりたい、大阪で全身脱毛大阪、心斎橋・難波の美容クリニックを徹底解明!



心斎橋・難波の最新情報



はやくつるつるになりたい!全身脱毛はじめました

私は結構毛深い方で、腕なんかはほぼ毎日カミソリで自己処理しています。
他の部分も自己処理出来るところは2日に1度くらいのペースでカミソリを使っています。
このままだと肌への負担が気になりはじめ、
全身脱毛をしたいと思い、心斎橋のクリニックに通っていました。

全身脱毛に踏み切るのに一番迷った理由は、V・I・Oラインの施術。
まず、恥ずかしいというのが一番の理由で、なかなか勇気が出ませんでした。
でも、一生このまま自己処理でやっていくよりは…
と勇気を振り絞って、クリニックを予約してみました。

はじめは、カウンセリングのみで施術は行いませんでした。
どういったコースにするかなどの相談です。
その際にVラインのカタチを聞かれてびっくりしました。
Vラインだからてっきり三角のカタチだけかと思っていたのですが、
「三角形のカタチで自然に残すのか、長方形のカタチで残すのか
あるいは全部剃ってしまうことも可能ですよ。」と言われました。
さすがに全部剃るのは気が引けたので、Vのカタチに残してもらうことにしました。

そして、施術当日、自分で自己処理出来るところはしてきて欲しいとのことでしたので
自分でカミソリを使って、前日に自己処理をしました。
そこで困ったのがVライン。ここはさすがに自己処理もしたことがなかったので
なんとなくこわくて、ちょっとだけカミソリで剃っていきました。
そして、施術する前にスタッフの方に正直にその旨を伝えたところ
「こちらでカタチを整えるので大丈夫ですよ。」
と優しいお言葉をいただき、それに甘えてスタッフの方にやってもらいました。

衣服を着替え、個室のベッドの部屋へ移動。
私は痛いのが本当に大嫌いなので、すごく不安でしたが、
襟足、背中、足…と順に進めていただいて、思ったよりも全然痛くなくて安心しました。
それよりも、痛さを軽減させるために、レーザーをあてる前に身体に塗る冷たいジェルの方が辛かったです。
もう寒くて仕方ないんです。
特に背中を塗られてるときは、震えるほどでした…。

そして恐怖のVラインの施術。
「ここは毛が密集しているため、他の部位よりも痛みを感じると思います」
と、あらかじめ注意を促していただいたものの
レーザーをあてられるたびに、熱い感じでジーンとした痛みがしました。
輪ゴムでパチンとやられた感じという表現をよくされますが
その輪ゴムがとても太くて、頑丈なものでやられてる感じ…。
相当痛いです。

しかし施術を進めていって、毛が薄くなるにつれ、じょじょにこの痛みも少なくなっていくとのことだったので、「はじめだけ。はじめだけ。」と自分にいい効かせて頑張りました。

そして約3時間の施術を終え、だいぶ疲れて帰宅しました。
これから約2年間、3ヶ月に1回とはいえ、この疲れ、体験を経験しなくてはいけないと思うと少し憂鬱になりましたが、つるつるの自分の肌を想像して、もうひとふんばり!とやる気を奮い立てています。

by みさき