レーザー脱毛のメカニズム - 大阪、心斎橋・難波の美容クリニックを徹底解明!大阪、心斎橋・難波の美容クリニックを徹底解明!



心斎橋・難波の最新情報



レーザー脱毛のメカニズム

脱毛レーザーはどのように誕生したのかというと、医療用レーザーを使った治療から生み出されました。アザやホクロに医療用レーザーを照射して
焼き取るという治療を行っていた中で発見されました。
これらにレーザーを照射すると、その部分に毛が生えて来なくなくなる例が認められたことで、正常な皮膚に直接レーザーを照射し、
脱毛しようという実験が始まったのです。

レーザー脱毛のレーザー光線は、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用する性質があります。
その性質を利用して、青、赤、黒の色を感知し、その部分だけに集中して熱を加えると、毛根の組織を破壊することができるのです。
これを「選択的光熱治療」と言います。ホクロやシミ、ソバカスなどのレーザー治療は、
この仕組みのおかげで傷も残らずに綺麗に治すことができるのです。

医療レーザー治療は、単一の波長の光を増幅して皮膚に照射する治療法です。
脱毛する際は、皮下の毛の色、黒いメラニン色素をターゲットにして照射します。
単一の波長なのでターゲットにのみ作用し、表皮やその周辺の細胞を傷つけることがありません。
レーザーを照射すると皮下の黒い毛に熱が吸収されて、毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わります。

やがてその熱が周囲に伝わり、毛の製造工場である毛球部の毛母細胞を破壊する結果、毛が生えてこなくなる仕組みになっています。
注意すべき点としましては、ひと言で医療用脱毛レーザーといってもいくつかの種類がありますし、
機械によってもそれぞれに効果の違いがあります。
安全で確実に永久脱毛を行うためには、正しい知識と賢い選択が大切です。
疑問に思うことがあれば、インターネットや本などで調べたり、クリニックの無料カウンセリングを利用して、
医療用機器のこともどんどんドクターに質問してみましょう。